miwa yoshida“とつぜんのちっちゃい”
 tour of beauty & harmony 2に行ってきました。



03/5/09(水) Zepp Tokyo 18:00/19:00
始まる前の会場。激しく動くLiveではないのでロッカーはすいてます。
よくわかんないけど、立ち見の人、指定席の人同時にばらばらと入場します。
入口でドリンク代の500円を払いコインをでチラシを貰います。
立ち見だから急いで会場内へ運良く立ち見で言う一番前をゲット。
1回指定席はだいたい800人くらい?でしょうか?
パイプイスが並んでるのが見慣れない光景でどこかの卒業式みたいです。
流れる音楽はJAZZYなものが多くて、気分は上がってきます。
始まる5分前PAブースに中村正人氏がいるらしく、なんか会場が沸きまくる。
そうこうしてるうちに会場の照明が落ちていよいよ始まりです。


01. 涙の万華鏡
モンスター達が舞台袖から出てきます。
続いて吉田美和も登場。イントロ聴いてすぐわかった。盛りあがる。
たぶんだけど「m.yo mix」だと思う。お客さん総立ちになってます。
ピアノが暴れてます。照明は赤やオレンジなどの暖色系。

mc
「こんばんわ、今日は吉田美和です。
ようこそ、タイトルどうり"miwa yoshida“とつぜんのちっちゃい”tour of beauty & harmony 2"です。
アルバムの曲をさらに深くえぐった感じで行きます」みたいなMC。かなりあいまい。
続いてメンバー紹介
ピアノDavid Benoit
ドラムOmar Hakim
ベースChuck Rainey
ギターDavid T. Walker
の順に紹介して、最後に「と吉田美和。」ってな紹介でした。
それで次の曲におくと思いきや何か舞台袖に引っ込んで2分くらい。微妙な間が空いておもしろかった。

02.どうしてこんなに
ドラムのOmar Hakimがサビにコーラスをしててビビッた。
それ以前にコーラス、思いっきり日本語だし。

03.ピアノソロ〜お願いします
ピアノで奏でる曲の曲名がわかりません。誰か教えてください。
"お願いします"はなにげにアルバムの中で好きな曲だから震えた。
この曲は吉田美和にしか歌えない曲だ。誰かがカバーしても恥ずかしいだけだと思う。

mc
曖昧で申し訳ないんだけど、この辺で席があるお客さんを座らせます。
「ホントは2曲目終わったあたりで言おうと思ったんだけど
忘れちゃった。なんだろ?東京だから舞いあがってんのかな?」みたいなMC。

04.夢の続き
テンポが速い感じがした。
CDもすごくいいんだけどなんかLive独特の空間感がすごく気持ちいい。
音がすごく広がって跳ねてる感じです。

05.ドラムソロ〜Freedom At Midnight
ドラムソロは書くまでも無くすごかったです。もはや打楽器では無かったです。メロディアスなドラム。
前曲の"夢の続き"から曲間なくドラムソロなので(あいまいだけど)夢の続きのリズムで演奏してます。
夢の続き(drum solo remix)みたいな感じです。村上"ポンタ"秀一氏よりも勢いがあるように思えました。

"Freedom At Midnight"はピアノの"David.Benoit"氏の曲です。
あたりまえだけど、吉田美和が愛する曲は、吉田美和の曲を愛する私たちにとってすごく聞きやすい。
ドラムはソロの続きみたいで暴れまくってるし。
ピアノは転がってます。最後のほうは立ち上がって演奏してました。ベースソロはあるし、ギターも柔らかかった。
吉田美和はステージの上でタンバリンもって後ろの方にいました。

06.あなたのかわいい人

07.the lessons

08.ギターソロ

"David T. Walker"氏のソロ。冬の夢でのソロに出だしがちょっと似てた。
"つめたくしないで"のイントロみたいなのもやりました。

09.おとなじゃん!

10.告白

スポットライトが吉田美和中心に当たります。歌詞を間違えた(ぬかした?)箇所があるらしいが未確認。
でも素晴らしかった。すごく"らしかった"。満足。ここでメンバー紹介をして舞台袖に引っ込みます。

***アンコール***
鳴り止まない拍手の中再登場します。

11.ベースソロ
Chuck Raineyが歌って、演奏します。吉田美和いわく「超おもれー歌、南部の方の古い歌」らしいです。
テキサス?とかなんとか聞こえたけどよく分からなかった。曲調はカントリーすんげー陽気です。小麦畑でビールって感じ。

12.A HAPPY GIRLIE LIFE(2003年バージョン)
beauty and harmonyの曲が聴けるのは素直に嬉しい。会場は再沸騰。
4人の巨匠が「A HAPPY GIRLIE LIFE〜♪」とサビではコーラス。この辺が2003年バージョンか?

ここでメンバー紹介をして吉田美和以外のメンバーが舞台袖に去っていきます。
そして

13.theme of beauty and harmony 2
歌い終わって去ろうとすると時に最前列の人からプレゼントや花を受け取ってました。
そして舞台袖に入る2歩前くらいで後ろ歩きで戻ってきて
「後髪を引かれる思いでもどってきちゃいました。」
「なんかちょっと、だらだらとしゃべっていい?(笑)」お客さんは拍手。
「今回のアルバム製作でまたまたいい経験をさせてもらったことに感謝」
「今回のLiveがホントに急でいろんな人にお世話になったことへの感謝」そんなMCでした。

それで最後に

14.beauty and harmony
を歌ってLiveは終了しました。


もらったチラシ。

とにかく行けてよかったです。e+さんマジでありがとう。
意外なことに、ソロだからその主役である"miwa yoshida"に注目!!って
感じのLiveになるかと思っていたんだけど、そんなわけなくて。
実際あの4人の巨匠達のそのハーモニーに圧倒されてしまいました。
"Freedom At Midnight"なんてあの勢いで演奏されたら、誰のLiveだかマジでわかんなくなるって!!
しかし、そのメンバーに混じっても音一つ負けていない"miwa yoshida"を見れて、聴けて とにかくよかったです。



2003/06/21
いまさら、写真つきのLiveレポート見つけました。ここです。

topへ